2009年02月07日

次イッテミヨ〜

AquesToneは、歌詞テキストの行をMIDIコントロールチェンジで送り戻し、または指定して歌わせることができる。それをRenoiseでやってみる。

MIDIコントロールチェンジナンバーは次の通り。
上(前)の行へ・・・CC:50
下(次)の行へ・・・CC:51
指定行へ・・・CC:10,nn (nnは指定行の数値)

RenoiseのMIDI信号送信コマンドは、パンニングコラムへ。コントロールチェンジなら、[C0]と打って、CCナンバーと数値はエフェクトコラムへ入力する。
ただし、Renoiseは由緒正しいMODトラッカーであるがゆえ、イニシエのシキタリにのっとり数値入力には16進数を使わねばならない。そうするとコントロールチェンジナンバーは次のようになる。
Cc_3

CC:50(上へ)・・・・>32
CC:51(下へ)・・・・>33
CC:10(指定行へ)・・・・>0A

また、パラメータが反映されるのはコントロールチェンジを入力したラインの次のノートからとなる。
図の例では、ライン00に次の歌詞行に移動するコマンドC0-32を入力すると、次のノートがあるライン02から移動先の歌詞を歌うことになる。

ということは、パターンの頭から歌詞を切り替えて歌わせたい場合は、直前のパターンの最後にコントロールチェンジコマンドを打っておかねばならないということ。

はじめ、この理屈に気付かずにしばらく悩んでしまいました。。。

posted by zi-phonium at 17:22| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

おうたのけいこ

引き続きAquesToneはレッスン中。

明瞭に歌詞が聞き取れるように歌わせるのは至難の業だ。ベタな打ち込みではこのようになってしまう。いかにも人工ヴォーカルな歌いっぷり。
komorebi01.mp3

かといって何をどういじればよいだろう?いや、ヴォーカルを鍛えることより、この声に合った詞とメロディを追究することに光明がありそうな気がする。

じゃあ、歌詞が明瞭に聞き取れなくてもいいような曲調にしてみたらどうだろう。
上のファイルと同じ歌詞データを使って、もわもわ系を作ってみた。
komorebi02.mp3

これはこれでそれなりの雰囲気がでたか。

メインヴォーカルとしては厳しいけど、コーラス隊としては充分活用できそうかな。

posted by zi-phonium at 21:01| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。