2007年07月21日

総括:ネタばらし編B

3曲目「ダイジョブネ」
音楽ユニット「ツイフォニウム」を立ち上げて、初めて
舞台に上がったのが、オフィシャル主催の「Errors Of
P-MANIA!'94」でした。そのときに引っさげていったのが
「ダイジョブ」のオケに乗せて色々な曲を無理やりメドレー
するというネタです。以降、オケはそのままで別の曲を
歌うというこのスタイルがコピー曲をやるときのツイフォ
の手口として定着することとなりました。

で、今回のネタですが、その原点"回帰"大作戦ということで
(イントロが「"怪奇"大作戦」だったことには気づきました
か?)13年前の第1号ネタ「ダイジョブ」のオケを回収船で
引き上げてきました。

このオケはもちろんMODですが、Amigaのサードパーティで
あるGVP社が出していたDSS8+というサンプリング装置に
おまけでついていたトラッカーで作ったもので(だんだん
ディープな話になってきましたよ。)いわゆる標準MOD形式
との互換性がありません。Amiga上なら実行形式のアイコン
を作ることで問題なく鳴らせるのですが、これをWindows上
で再生させるには・・・

・・・このまま際限なくディープな話が展開されそうなの
で軌道修正。

ネタの話に戻りましょう。今回のネタはその「ダイジョブ」
のオケで、P-MODELのアルバム「舟」の全曲(インスト曲は
除く。さすがに歌えん。)をねじ込んで歌ってやろうという
もの。実はこのネタは「舟」が出てすぐに作ったもので、
当時、パソコン通信のヒラサワ関連フォーラムだったか、
パティオだったかで企画されたオフ会にて、宴会芸として
披露したのを覚えています(笑)。10年以上経って、ライブで
やることになろうとは。まあそもそも怪彗星自体が宴会芸
のためのユニットみたいなもんなのですが(^^)

ちなみにメドレー順は
「Welcome」→「夢見る力に」→「FUNE」→
「ソリトン」→「MirrorImage」→
「残骸の船saksit」→「JULIA BIRD」→
「Tide」→「3/4」→「残骸の船saksit(2)」→
「Welcome(2)」

曲名をスケッチブックに書いておいて、切り替わる毎に
バックのツイフォノイドがめくっていくという作戦で、
私がその合図を出すはずでした。しかし・・・本番では
もう歌うことでいっぱいいっぱいで、そんなダンドリは
吹き飛んでおりました・・・すいません!!私には後ろが
どういう状態なのか確認する余裕すらなかったのですが、
バックのお二人の連携プレーで的確にフォローしていただ
けたようです。ご迷惑をおかけしました〜

Cへ続く。次は懐かしの宴会芸パート2です。

posted by zi-phonium at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443829724

この記事へのトラックバック