2007年07月29日

総括:ネタばらし編F

7曲目「ロケット広場」
関西ローカルな曲タイトルですみません。大阪ミナミのナウ
いヤングの待ち合わせ場所といえばココだよ!

そんなことよりいよいよ最後の曲です。
今回、怪彗星を立ち上げるに当たって、「野菊島ビーチ」と
ともに最初に思いついたネタがコレ。「ロケット」のオケで
「パレード」が歌える!(のか・・・?)

「オイオイ歌変わっとるやん!」と突っ込んでもらうために
は、余計なアレンジをせず、できるだけ忠実にオリジナルを
なぞったオケを用意するのが有効でしょう。
ということで、やるべきことはハッキリと見えました。ここ
まで明確なのもめずらしい。オケは完コピを目指す。それだ
けです。本当にコピーバンドみたいだよオイ!

幸い「ロケット」はほとんど同じフレーズの繰り返しです。
まさしくMODの得意分野。コイツは楽勝!ああテクノポップ
でよかった・・・と思いきや、そーでもなかった!アコギと
ケーナ風の笛の生っぽい音色に大苦戦。特に笛は3〜4種類
のサンプルをブレンドし、さらにVSTエフェクトであーでも
ないこーでもないといじくり回し、何とかそれらしく捏造。
おかげさまで今回新規に導入したMODトラッカー「Renoise」
のよい勉強になりました。あとアコギのコードはウクレレの
サンプリングで誤魔化すことに。しかも単純なコードに強制
変換。バレないバレない。

「ロケット」を選択した理由はもうひとつあります。それは
女性コーラスが入る曲だということ。しかも3番はみんなで
合唱できるということ。せっかくバックを女性お二人につと
めていただくわけですから。合唱で大団円、ということで、
この曲をラストにもってくることも初めから決定です。

かくして、ヘイホーと虚空へ飛ぶロケットを見送りながら、
流行りのテラスでハイホーになってしまうという少々ブラッ
クなオチをつけて、怪彗星の演奏曲目は終了いたしました。

お見苦しい点も多々ございましたが、温かい目で見守ってく
ださったスタッフさま、PAのおにーさん、おねーさん、そし
て観客の皆さま、本当にありがとうございました。短冊に書
いていただいたお言葉の数々、胸に染み入ります。
怪彗星としましては、会場を「し、しょーもな〜(笑)」とい
う空気で満たすことができたのでしたら本望であります。


さて次回は、今回競演させていただいた他のバンドさんから
ハスヲが学ばせていただいたことをあれこれ書き綴ってみる
ことにします。
番外編につづく。

posted by zi-phonium at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443829729

この記事へのトラックバック