2008年02月03日

どこでもドア

PCMCIAスロット経由のネット接続は、AMIGAで使えるとして
国内では定番のCorega Ether PCC-TというLANカードと
ネット接続ツールMiami(V3.2b)で動作確認ができた。
デバイスはAMINETにあるcnet.deviceを使用。

ちなみにPLANEX ENW-3502-Tというカードは使えなかった。
差し込むとシステムが凍る。
3502-2TならCnet.deviceで動作
すると報告されていたのだが・・・機器の相性とはシビア
なものだ。まあ入手価格は100円だったのでヨシとしよう。
※訂正(2/3 17:51):
このカードをもう1台のA1200で試したところ、あっさりと
認識してしまいました。原因は不明ですが、ちゃんと使えて
います。誤情報すみません。SquirrelSCSIデバイスとの
相性があるとの情報もあるのですが。。。よく分かりません。


さて、MiamiとIbrowseでWEB閲覧も一応普通にできるのだが、
接続に関して腑に落ちない点もいくつかあるので、もう
少し設定を見直してみる必要がありそう。うーむ、そもそも
ネットワークの概念がよく分かっていない。。。
ということでこの件はまた改めて。

消費税がまだ3%であった1995年、私は初めてインターネット
の世界へ飛び込んだ。この初代A1200で。
確かIEなんてまだ存在せず、ブラウザはMosaicからNetscape
へと移行しつつあった頃である。
といってもそれはMac、WinあるいはUnixでの話。国内では
AMIGA用のネット接続パッケージなんて当然販売されては
いない。BBSでAMIGAにもAMosaicというブラウザが存在し、
AmiTCPというツールで接続できるという情報は得ていたが、
ネットワークの知識のない自分にはとても敷居の高いもの
であった。

そんな折、奇跡の書物「インターネットホームページデザイン」
(吉村信 家永百合子 鐙聡 編著 翔泳社)が出版された!
書名の通り、HTMLの書き方について解説した書物(おそらく当時
世界一分かりやすい画期的な本だったのでは)であるが、
その巻末にAMIGAでネットに接続するためのハウツーが掲載
されていたのである。もちろん日本語で!

これはもう行くしかないだろう。早速AMINETでAMosaicと
AmiTCPをゲットし、ネット無知のまま見切り発車で某プロバイダ
と契約し、解説を熟読し・・・

迂闊である。そもそも前提が違う。本の解説はネットワーク
が既に構築されている環境でAMIGAを接続する方法について
書かれている。まずはそこからだ。大学でも研究施設でも
ない当時の一般家庭では、モデムで電話回線を利用して
接続しなければならない。もちろんプロバイダの資料には
AMIGAでのやり方なんて載っていない・・・


AMosaicがどこでもドアを開いたのは、プロバイダ契約から
実に一ヶ月後のことであった。



わけがわからずほとんど放置状態であったのだが、AMINET
で発見したInterInstallというツールが光明を与えてくれた。
このツールで、AmiTCPのダイヤルアップ接続の設定をなんとか
クリアすることができたのだ。
AMosaicに初めてネットを通じた画面が出現したときの感動
といったら。うおーっってなもんである。
日本語の表示も大語界で(おおむね)バッチリである。


今、何年かぶりにAMIGAのブラウザ(Ibrowse)でWEBに繋いで
みて・・・WorkBenchの640x512というスクリーンでまともに
表示できるサイトがあまりないことを改めて認識する。
自分のサイトもすっかりそんな配慮を忘れてしまっている。

当然だ。正しく時は流れているのだ。
こっちが正しい未来・・・ですよね。


つづく
posted by zi-phonium at 11:39| Comment(3) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントつけますよ。これは…パソ通からインターネットへの移行の時期のお話なんでしょうか。太字の“正しい未来”に込められたニュアンスが気になります(笑)“正しい”と決めたのは誰だ?
Posted by kina at 2008年02月04日 00:03
携帯電話で先日google使ってたら、haspさんの(ブログじゃないほう)はモバイルサイトとしてヒットしてました。
Posted by ohy at 2008年02月04日 09:16
kinaさん:「移行」ではないですね。どこでもドアを持っていても、ドラの寝床は野比家の押入れの中であるように、私の居場所はパソ通の中でした。どんな例えやねん。パソ通のコミュニティというのはまあ、今で言うとMixiみたいな感じでしょうねぇ。「正しい」の意味は議会制民主主義のそれです。ohyさん:なるほど、今やそういうことになるんですね。。。私は携帯でWEBサイトを閲覧した経験が一度もないのですが(笑)、AMIGAでWEBを見ながら、これってつまり、目の前にPCがあるのにわざわざ携帯でサイトを閲覧しているのと同じ愚行だよな、としみじみ感じてしまった次第です(笑)
Posted by 怪彗星λ at 2008年02月04日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック