2008年02月05日

今日の小ネタ

●DoLace●

液晶ディスプレイ CPD-L133でAMIGA標準のHigh Resモード
(NTSC:640x200/PAL:640x256)を表示させると、横ストライプ
が目立ち、時に妙な残像が出てどうも芳しくない、ということ
を前に書いた。
で、High Res Laced(インターレースモード PAL:640x512)で
表示させているのだが、インターレース特有のちらつきや
にじみは殆んど気にならず、なかなかいい感じである。

そこで思い出したのが、「DoLace」という古いツールだ。
これはスクリーンモードを変更せずに表示をインターレース
に変えてしまうツールである。

High Resモードでコレを実行してみると、あら不思議!
アイコンクリック一発で瞬時に横ストライプが消え、すっきり
クリアな画面に。効果覿面である。
常駐させるにはWBStartupドロワに入れておけばよいだけだ。

マルチスキャンモニタに繋いでいるのになんでわざわざ
High Resモードで見る必要が?


AMIGAのアプリケーションは、独自のスクリーンモードで
起動するものが少なくない。WoekBenchを高解像度に設定
していても、ソフト自体が15kHz High Resモードで立ち上
がってしまうということが起こるのだ。(これは「NewMode」
というツールで解消できるが、それについてはまた後日。)

また、テレビやビデオに同時に出力する場合にはNTSCの
High Resモードでなければ基本的にまともに映せない。
(インターレースモードはちらつき過ぎてとても見難い。)

ただ残念なことに、AMINETでは「DoLace」はヒットしなかった。
他でも検索をかけてみたが、未だネット上では発見できず。
自分がこれをどこから入手したかも定かではない。かなり
昔からハードディスクに入れていたような気がするので、
ネット接続以前に雑誌のおまけディスクなどから拾ったの
かもしれない。。。

DoLace自体がなくても、同等の機能を持つツールは他にも
あるような気もする。どなたかご存知ありませんか?

つづく
posted by zi-phonium at 22:27| Comment(2) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4年前の記事にコメントするのもアレなんですが、SuperGenの付属diskに入っていたツールのようですね。あと、OS付属の sys:tools/lacer でも同じことができるようなことが...。

<a href="http://www.amiga.org/forums/showthread.php?t=26254" rel="nofollow">http://www.amiga.org/forums/showthread.php?t=26254</a>

ここ最終更新が2010年だから読まれないかな?
Posted by やs at 2012年06月10日 17:46
>やsさん

情報どうもありがとうございます!

SupreGenは所有していないのですが、同メーカーのDCTVがあるので
インストールディスクを調べみたら、アタリでした!出所がわかってスッキリですw
Posted by 怪彗星λ at 2012年06月10日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: