2009年02月01日

おうたのけいこ

引き続きAquesToneはレッスン中。

明瞭に歌詞が聞き取れるように歌わせるのは至難の業だ。ベタな打ち込みではこのようになってしまう。いかにも人工ヴォーカルな歌いっぷり。
komorebi01.mp3

かといって何をどういじればよいだろう?いや、ヴォーカルを鍛えることより、この声に合った詞とメロディを追究することに光明がありそうな気がする。

じゃあ、歌詞が明瞭に聞き取れなくてもいいような曲調にしてみたらどうだろう。
上のファイルと同じ歌詞データを使って、もわもわ系を作ってみた。
komorebi02.mp3

これはこれでそれなりの雰囲気がでたか。

メインヴォーカルとしては厳しいけど、コーラス隊としては充分活用できそうかな。

posted by zi-phonium at 21:01| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: