2009年11月14日

W240DでAMIGA

AMIGA用モニター問題のその後のその後。

結局、ずいぶん安くなったこともあってHYUNDAIの24インチワイドモニター
W240Dを購入。ご覧の通りAMIGAの水平15kHz出力がきれいに映った。
ちなみにスペック表では水平15kHz対応は記されていない。(30.0〜80.0kHz)

P1050241

↑画像のデスクトップは、A1200からPAL Hiresモードでの出力。
モニター側はアナログRGB端子(15pin D-sub)に接続し、
フルスクリーン(16:10)で表示。NTSC Hiresももちろん表示OK。
インターレースモードでも出せるが、これは結構チラつく。
AMIGAとのケーブル接続は、23pin←→15pin D-sub変換アダプタ
(A4000の付属品だっけ?)を挟んで普通のVGAケーブルで。
(ケーブルはW240Dに付属。)

なお、はじめに書いた通り、これは規格外の使用法なので要注意。
(リスク大王覚悟のAMIGAユーザーには無用の老母心ですが。)

ちなみにこのモニターは入力端子が豊富で、DVI-D、HDMI、コンポーネント
も同時に繋いでおけるので重宝である。またピボット対応で縦長画面にも
できるのでWEB閲覧やお絵描きが大変快適になった。2万円ちょっとで
買える製品としてはなかなかのコストパフォーマンスだ。

posted by zi-phonium at 09:33| Comment(5) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Amigaで使えるだけでなく、この価格で解像度が 1920x1200 ってところもすごくいいですね。
今はたいてい 1920x1080 ですから。
Posted by Amigaユーザ at 2009年11月16日 22:59
Amigaユーザさん、コメントありがとうございます。
私はRGBにA1200、DVI-DにメインPC(Win)を繋いで切り換えて使っていますが、WUXGAの広々としたワークスペースはなかなか快適ですね。でもAMIGAを使うときは高い解像度にせず、あえてHi-resにしてしまいます。慣れというより、普通に映っていることがとりあえず痛快で(笑)
Posted by 怪彗星λ at 2009年11月17日 00:04
24KHzにも対応してるそうですね。やっと1084DはもちろんCZ-602D、CZ-615Dも捨てられそうです。貴重な情報ありがとうございました。これからもAmigaで遊び続けたいと思います。
Posted by at 2010年02月14日 15:10
コメントありがとうございます!
Amigaネタを拾って下さる方がいるということだけでも感無量です。
かつては国内にも活発なAmigaコミュニティがあり、私もずいぶん助けていただきましたが、
今みなさんどうしているのかなぁ。
地層は重たかろう。
Posted by 怪彗星λ at 2010年02月14日 21:45
貴重なAMIGA情報!!
W241では使えるかなあ・・・

>今みなさんどうしているのかなぁ。

未だにAMIGAを捨てられません(笑)
Posted by tx2 at 2010年02月15日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443829761

この記事へのトラックバック