2010年03月06日

ベルヌーイな定理

平沢進氏のTwitterでの発言:

ところでAMIGAの150MBフロッピーに収めたデータはどうしてくれる?そんなもん
読み取る機械がもう腐ってるぞ。

について、AMIGA用のそんなハードあったっけ?LS-120(120MB)かZIP(100MB)の間違い
じゃなかろうか?・・・と思っていたのだが、先日、某高橋かしこさんとのやりとりの中で、
その昔、本当に平沢さんはそれをアメリカのAMIGA専門店から輸入したらしいと伺った。
ならばと、とりあえず手に取った94年のAMIGA WORLD誌(米)をパラパラとめくっていて、
思わずハッと息を呑んだ。
(あ、ココ、アメリカのAMIGA専門店「Software Hut」とかけたシャレなので。)

150MB Bernoulli ....$579.99(Transportable External)

ホンマにあったし!ていうか、なんて読むかわからんし!んで、ごっつ高いし!
(あ、でも実際に載っていたのはHutの広告ではないので。)



これがその後のZIPの源流となったということは後から知った話。当時の記憶を辿っても
こんなものまったく引っかかってこないのである。おそらく、同じAMIGAユーザーでもこれは
ビデオトースターなどの高級機器を扱うプロの映像屋さんかお金持ち専用のカテゴリーに
属するブツとして完全スルーだったのであろう。
あるいは、市場の中で「もう存在しなくてもいいです」と確定されたものは、時として初めから
存在していなかったことになってしまうという、アレか!

そして、このディスクに半永久的に保存されているデジタルデータを読み出すことのできる
機器は、今後半永久的に製造されることはないであろうという美しいジレンマ。

人類は、これからも半永久的に、この定理につきまとわれていくのである。

posted by zi-phonium at 02:38| Comment(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

W240DでAMIGA

AMIGA用モニター問題のその後のその後。

結局、ずいぶん安くなったこともあってHYUNDAIの24インチワイドモニター
W240Dを購入。ご覧の通りAMIGAの水平15kHz出力がきれいに映った。
ちなみにスペック表では水平15kHz対応は記されていない。(30.0〜80.0kHz)

P1050241

↑画像のデスクトップは、A1200からPAL Hiresモードでの出力。
モニター側はアナログRGB端子(15pin D-sub)に接続し、
フルスクリーン(16:10)で表示。NTSC Hiresももちろん表示OK。
インターレースモードでも出せるが、これは結構チラつく。
AMIGAとのケーブル接続は、23pin←→15pin D-sub変換アダプタ
(A4000の付属品だっけ?)を挟んで普通のVGAケーブルで。
(ケーブルはW240Dに付属。)

なお、はじめに書いた通り、これは規格外の使用法なので要注意。
(リスク大王覚悟のAMIGAユーザーには無用の老母心ですが。)

ちなみにこのモニターは入力端子が豊富で、DVI-D、HDMI、コンポーネント
も同時に繋いでおけるので重宝である。またピボット対応で縦長画面にも
できるのでWEB閲覧やお絵描きが大変快適になった。2万円ちょっとで
買える製品としてはなかなかのコストパフォーマンスだ。

posted by zi-phonium at 09:33| Comment(5) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

AMIGAモニタ問題のその後

だ〜いぶ前にAMIGAユーザーの最初のハードルとなるディスプレイモニタ問題について
書きっぱなしにしていたが、その後の信じ難い状況をきちんとフォローしておかねばなるまい。

何が信じ難いかといえば、今現在、クラシックAMIGAの映像を普通のVGAモニタに出力
できる内蔵スキャンダブラーが、新製品として市場に出ているのだ。
「Indivision」というシリーズ名で、既にECS用(A500,A600,A2000,A3000,CDTV)、
A1200用、A4000/CD32用と、3種のバージョンが出揃っており、普通に買えるのである。
http://amigakit.leamancomputing.com/catalog/product_info.php?manufacturers_id=18&products_id=821

これ、現行AMIGAユーザーにとって最も重要な製品の一つであることは間違いないけれど、
メーカーのINDIVIDUAL COMPUTERSの経営が一体どういう仕組みで成り立っている
のか、大いに謎である。。。

あと、HYUNDAIの液晶ディスプレイW240D、W241DGというシリーズが非公式ながら
水平15kHzを映せるらしい。AMIGAで使えたという報告は今のところ見当たらないが、
X68000がいけるなら問題ないんじゃないかな。

posted by zi-phonium at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

金田派の爪痕〜でらぺ編

AMIGAのお絵描きソフト「Deluxe Paint」(通称でらぺ)Cann
は夢を実現するツールであった。

動画用紙も、セルも、アニメカラー(絵の具)も、
撮影台も、カメラも使わずにアニメーションが創れる。
しかも、そのままビデオに録画できる。(これ重要!)
教科書の隅っこが表現媒体であった80年代半ばの
状況を考えれば、「夢」は決して大げさな表現ではない。

で、当然「金田アクションもどき」に明け暮れるのである。
マウスという、最悪の画材と格闘しながら。

「みかん星人」に腰を抜かす、少し前の頃の話だ。

画像はその頃に描いたでらぺアニメをGIFアニメ化したものです。クリックすると動くはず・・・

posted by zi-phonium at 00:26| Comment(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

バーパイで並行世界へ

Bpm1_2 Windows版AMIGAエミュレータ「WinUAE」は、OSを乗っ取ってしまうのではなく、あくまでもアプリケーションの一つとしてAMIGA OSを立ち上げる仕組みなので、裏で同時にWin用のアプリを立ち上げておくことができる。
このような(一見)マルチタスク(みたいな)環境は、AMIGAユーザーにはお馴染みの光景であろう。もっともAMIGAとWinのアプリ間をArexxコマンドで連動させるなんていう芸当は無理だろうけど。
しかし、せっかく1台のマシンで同時に別のOSが共存しているという怪奇な状況を粋に活用できないだろうかと、試してみたのがコレ。

AMIGA上で立ち上がっているフリーのシーケンサー「Bars & Pipes(現在はBarsnPipes)」からMIDI信号を送信して、Win側で立ちあがっているソフトウェアシンセサイザーを鳴らしてみる。

結果からいうと、難なく成功である。外部のMIDI機器を鳴らすのと同様に、同一マシン上のソフトシンセを連動させることができた。”OSをまたいで”というところがポイントである。

利用したツールは、何のことはない、仮想的にWin上のデバイス間のMIDIの入出力を可能にするフリーツール「
MIDI Yoke(※)」だ。
※詳しくはこちらのサイトなどをご参照ください。↓
http://haijindiary.seesaa.net/article/44986882.html

まずは普通にWindowsにMIDI Yokeをインストール。
あとはWinUAE立ち上げ時のGame & IO portsの設定で、MIDI Outを「Out To MIDI Yoke:1」に設定してAMIGA OSを起動。同様に使用したいWin側のソフトシンセやDAWなどのMIDIデバイスの入力を「In From MIDI Yoke:1」に設定するだけ。
これで、AMIGA側とWin側でMIDIの送受信ができるという次第。いたって単純である。

テストに使用したソフトシンセ「
KORG Legacy Collection DIGITAL EDITION (KORG M1)」では、8パートをフルに使っても充分に曲を鳴らすことができた。一方、豪勢なフリー音源として人気の「E-MU Proteus VX」では、同じ8パートでも選ぶ音色によっては少々厳しい場合があった。それはAMIGA側の問題ではないけれども。

さあ、これで、これまでは無縁であったソフトシンセやVSTプラグインをAMIGAで利用できるということになってしまった。

で、それに意味はあるの?別に普通にWinのシーケンサーでやればいいだけじゃないの?

そりゃあ、中には

バーパイ(Bars & Pipes)じゃなきゃ、MIDI打ち込む気にならん!」

という奇特なヒトもいるだろう、ということで。。。

2009年01月05日

寄生ラッシュ

正月になると帰ってくるカザアナ・ブログです。

AmiKITなる怪しげなパッケージを入れてみたら、なんともこれが良いシロモノで、
年末年始すっかりハマってしまったのでその話題から。

一体これは何なのかというと、AMIGA OSのGUI環境「WorkBench」を徹底的に
カスタマイズした快適環境を構築し、AMIGAエミュレータ「UAE」(Windows用
およびLinux用)を導入する際に、はじめからその環境を使えるように丸ごと
セットされたパッケージの一種である。

同様なパッケージはAIABAmigaSYSClassic WorkBenchなど各種あり、
それぞれに特徴があるが、いずれも無料で提供されているところが美しい。
もっとも、AMIGAのKickROMとWorkBenchのディスクを所有していることが
前提となるので( AmiKITの場合はROM3.1とWB3.xが必要)、AMIGA実機を
持っているか、「AMIGAForever」というエミュレータパッケージを正規購入した
人でなければ導入できないのだが。(※これは普通にUAEを入れる場合でも同じ。)

で、このAmiKIT、なかなかパワフルなのである。ネット、マルチメディア関連のツール
をはじめ、痒いところに手がとどく便利ツールがてんこもりに詰まっているばかりでなく、
Directory Opus Magellan II」というAMIGA界最強のカスタマイズツールをフル搭載し、
WorkBench自体を完全に置き換えてしまっている。結果、デスクトップでのファイル
操作は格段に快適に、また更なる自分好みのカスタマイズも自在に可能となった。
フルカラーのスクリーンでmp3やDivX動画などが普通に再生にできてしまうのも、
AMIGA実機を使っていた感覚からすると、「すげー」である。当時のハイエンド拡張
しまくりマシンを手に入れた気分。

テストしたPCのスペックだが、Athlon64x2 3800+ 2.01GHz / 1GB RAM / WinXPの
デスクトップ機で実に快適、AthlonXP 1500+ 1.29GHz / 512MB RAM / WinXPという
古いノートPCでもmp3再生程度なら十分に動作した。(動画再生はちと苦しい)

ファイル操作等の体感速度はどちらも同様にきびきびと動き、心地よい。実機と遜色
のない速さ・・・いや、それ以上だ。そりゃイマドキのハードウェアに寄生しているの
だから当然だが、ディスクの読み書きの速さなどは歴然である。

ただ問題は・・・安定度だ。
いつ何時落ちてしまうか、ほとんど博打状態であるため、信頼のおけるシステム
として活用するには不安が残る。かなり。




。。。って、それ実機もだよな。


何もそんなところまで
擬態しなくても。 

とゆーことで次回は寄生シリーズ第2話「UAEからMIDI出して宿主PC上の
ソフトウェアシンセ鳴らしちゃうよ」の巻。

posted by zi-phonium at 01:00| Comment(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

今日の小ネタ

●DoLace●

液晶ディスプレイ CPD-L133でAMIGA標準のHigh Resモード
(NTSC:640x200/PAL:640x256)を表示させると、横ストライプ
が目立ち、時に妙な残像が出てどうも芳しくない、ということ
を前に書いた。
で、High Res Laced(インターレースモード PAL:640x512)で
表示させているのだが、インターレース特有のちらつきや
にじみは殆んど気にならず、なかなかいい感じである。

そこで思い出したのが、「DoLace」という古いツールだ。
これはスクリーンモードを変更せずに表示をインターレース
に変えてしまうツールである。

High Resモードでコレを実行してみると、あら不思議!
アイコンクリック一発で瞬時に横ストライプが消え、すっきり
クリアな画面に。効果覿面である。
常駐させるにはWBStartupドロワに入れておけばよいだけだ。

マルチスキャンモニタに繋いでいるのになんでわざわざ
High Resモードで見る必要が?


AMIGAのアプリケーションは、独自のスクリーンモードで
起動するものが少なくない。WoekBenchを高解像度に設定
していても、ソフト自体が15kHz High Resモードで立ち上
がってしまうということが起こるのだ。(これは「NewMode」
というツールで解消できるが、それについてはまた後日。)

また、テレビやビデオに同時に出力する場合にはNTSCの
High Resモードでなければ基本的にまともに映せない。
(インターレースモードはちらつき過ぎてとても見難い。)

ただ残念なことに、AMINETでは「DoLace」はヒットしなかった。
他でも検索をかけてみたが、未だネット上では発見できず。
自分がこれをどこから入手したかも定かではない。かなり
昔からハードディスクに入れていたような気がするので、
ネット接続以前に雑誌のおまけディスクなどから拾ったの
かもしれない。。。

DoLace自体がなくても、同等の機能を持つツールは他にも
あるような気もする。どなたかご存知ありませんか?

つづく
posted by zi-phonium at 22:27| Comment(2) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

NETを日本語で言うと

先の投稿でインターネットに繋がっていないのに
AMINETからファイルゲットとはどーゆーこと?

という疑問を持たれた方もおられるかもしれない。

そもそも、AMINETが何なのかという説明が必要ですか?

AMINETとはその名から推察できる通り、AMIGAで利用できる
パブリックドメインなソフトウェアや画像、楽曲、その他
製品のDEMO版や各種テキスト類がてんこ盛りに貯蔵されて
いるネット上の格納庫のことである。これはパソ通時代
から存在し、日本からだとパソコン通信ニフティサーブ
を経由してアメリカのCompuServe内にあるAMINETのミラー
へと接続することができた。
また、「AMINET CD」として、AMINETのデータを大量に
収録したCD-ROMが定期的にリリースされていたので、オフ
ラインなユーザーでもてんこ盛りを享受することが出来た。
4枚組みのセット版も販売されていて、1セット持って
いればそのあまりの膨大なデータ量にもう欲しいものは
何でも手に入ったような気になってしまったものだ。
私も確かセットをVol.5くらいまでは揃えたような気がする。
米国の某AMIGAショップで買い物をすれば、時々気前よく
おまけにつけてくれたような気もする。単にダブついた在庫
を撒いてもらっていただけのような気も・・・する。

AMIGAらしいのは、ツール類の他にCGアニメーションファイル
やMODミュージックデータ、そしていわゆるメガデモの類が
これでもかというほどアップされているという点だ。
特にMODは今確認したら[20360 packages]と出た。2万曲
聴き終えるのに何ヶ月かかるだろう。しかもこれ、古いものは
かなり削除され、整理されてこの数なのではないだろういか。

実はツイフォニウムの過去のライブで流していた映像も、
AMINETから拾ってきたものをたくさん拝借している。
「実は」っていうか、ちゃんと公言してきたつもりではあるが。


それにしても、偶然とはいえ「AMINET」というネーミング
はなかなかとんちが利いておりますな。


とゆーことで、
今週は小ネタ集でいくのかな。

つづく

posted by zi-phonium at 22:27| Comment(1) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

どこでもドア

PCMCIAスロット経由のネット接続は、AMIGAで使えるとして
国内では定番のCorega Ether PCC-TというLANカードと
ネット接続ツールMiami(V3.2b)で動作確認ができた。
デバイスはAMINETにあるcnet.deviceを使用。

ちなみにPLANEX ENW-3502-Tというカードは使えなかった。
差し込むとシステムが凍る。
3502-2TならCnet.deviceで動作
すると報告されていたのだが・・・機器の相性とはシビア
なものだ。まあ入手価格は100円だったのでヨシとしよう。
※訂正(2/3 17:51):
このカードをもう1台のA1200で試したところ、あっさりと
認識してしまいました。原因は不明ですが、ちゃんと使えて
います。誤情報すみません。SquirrelSCSIデバイスとの
相性があるとの情報もあるのですが。。。よく分かりません。


さて、MiamiとIbrowseでWEB閲覧も一応普通にできるのだが、
接続に関して腑に落ちない点もいくつかあるので、もう
少し設定を見直してみる必要がありそう。うーむ、そもそも
ネットワークの概念がよく分かっていない。。。
ということでこの件はまた改めて。

消費税がまだ3%であった1995年、私は初めてインターネット
の世界へ飛び込んだ。この初代A1200で。
確かIEなんてまだ存在せず、ブラウザはMosaicからNetscape
へと移行しつつあった頃である。
といってもそれはMac、WinあるいはUnixでの話。国内では
AMIGA用のネット接続パッケージなんて当然販売されては
いない。BBSでAMIGAにもAMosaicというブラウザが存在し、
AmiTCPというツールで接続できるという情報は得ていたが、
ネットワークの知識のない自分にはとても敷居の高いもの
であった。

そんな折、奇跡の書物「インターネットホームページデザイン」
(吉村信 家永百合子 鐙聡 編著 翔泳社)が出版された!
書名の通り、HTMLの書き方について解説した書物(おそらく当時
世界一分かりやすい画期的な本だったのでは)であるが、
その巻末にAMIGAでネットに接続するためのハウツーが掲載
されていたのである。もちろん日本語で!

これはもう行くしかないだろう。早速AMINETでAMosaicと
AmiTCPをゲットし、ネット無知のまま見切り発車で某プロバイダ
と契約し、解説を熟読し・・・

迂闊である。そもそも前提が違う。本の解説はネットワーク
が既に構築されている環境でAMIGAを接続する方法について
書かれている。まずはそこからだ。大学でも研究施設でも
ない当時の一般家庭では、モデムで電話回線を利用して
接続しなければならない。もちろんプロバイダの資料には
AMIGAでのやり方なんて載っていない・・・


AMosaicがどこでもドアを開いたのは、プロバイダ契約から
実に一ヶ月後のことであった。



わけがわからずほとんど放置状態であったのだが、AMINET
で発見したInterInstallというツールが光明を与えてくれた。
このツールで、AmiTCPのダイヤルアップ接続の設定をなんとか
クリアすることができたのだ。
AMosaicに初めてネットを通じた画面が出現したときの感動
といったら。うおーっってなもんである。
日本語の表示も大語界で(おおむね)バッチリである。


今、何年かぶりにAMIGAのブラウザ(Ibrowse)でWEBに繋いで
みて・・・WorkBenchの640x512というスクリーンでまともに
表示できるサイトがあまりないことを改めて認識する。
自分のサイトもすっかりそんな配慮を忘れてしまっている。

当然だ。正しく時は流れているのだ。
こっちが正しい未来・・・ですよね。


つづく
posted by zi-phonium at 11:39| Comment(3) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

CF

拍子抜けするほど簡単でした。

A1200でCFカードを読み書きする件。

●必要なもの●

@ごくふつーのPCMCIAのCFカードアダプタ(64MBのカード
と合わせて数百円で入手。)

ACFカードをマウントするデバイス(AMINETで入手。)
http://aminet.net/package/disk/misc/cfd

BWinのfat形式ディスクを読み書きするためのファイル
システム「fat95」(同じくAMINETで入手。)
http://aminet.net/package/disk/misc/fat95

以上。

ソフトをインストールし、カードを差し込めば当たり前の
ようにマウントし、Win機で書き込んだファイルをそのまま
読むことができた。もちろん書き込みも問題なし。

これまでもWorkbench付属のCrossDOSによってDOSのディスク
(FD、CD、ZIPなど・・・)を扱うことが出来たが、DOSの文字
数制限(半角8文字+拡張子3文字)の縛りがあって、AMIGA
上の文字制限を越えるファイルをそのまま書き込むことが
できなかった。よってファイルを一旦圧縮してやり取りして
いたのだ。なんとも面倒なことであった。
それが、なんとまあ簡単なことに。そのような制限なしに
そのまんまファイルをやりとりできるこの快適さ!!
この「fat95」というファイルシステムが存在していたことを、
恥ずかしながら今回初めて知った次第。もっと早く出会い
たかったヨ・・・。

これならA1200自体をネットワークに繋がなくても、Win機
から楽々ファイルを持ってこられる。エミュレータ(WinUAE)
とのファイルのやりとりも簡単だ。Amithlonでも使えそう
である。

難点は、PCMCIAスロットは1つなので、CFアダプタを使う
ときはSCSI機器を接続できないということ。それと、PCMCIA
スロットのないA2000、A4000へはデータを持っていけない
ということ。そちらは従来通りZIPディスクを使わざるを
えないが・・・そうか、ZIPもfat95でマウントすればいいのか。
ん、そうなのか?

ということで・・・
一応次はネットワークカード導入編かな。
つづく

posted by zi-phonium at 15:51| Comment(3) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。