2008年01月10日

モニタを繋いで一人前

A1200甦生計画の第一歩。まずはここから。


「多数決の結果、それはもうこの世に存在しなくても
よいと決定しましたので、そーゆーことで。」


AMIGAのディスプレイモニタ問題のハナシである。

@AMIGAのRGB出力は、水平周波数15kHzというモードが標準
となっている。これはアナログビデオ出力信号と同じである。
だからAMIGAは映像をそのまんまテレビやビデオデッキに出力
することができた。
かつて、日本のコンピュータ市場の主流であったNEC PC98や
シャープ X-68000、富士通 FM-TOWNSなどもこの出力モード
を持っていたので、国内で販売されているディスプレイモニタ
は当然水平15kHzを映すことができた。
しかし、これらのコンピュータはやがて姿を消し、市場では
より高解像度の映像出力が主流となっていく。すなわち、
15kHzなどという低解像度をサポートするモニタは必要なく
なってしまった。
AMIGAが日本でも注目され始めた92〜93年頃は、既にそれを
映せるモニタは、国内では「存在しなくていいもの」として
淘汰されてしまった後だったのである。

AAMIGAの映像出力端子のコネクタは、D-sub 23pin(メス)
という形状である。こんな端子はわが国のPC市場には存在
しない。
何とか国産15kHzモニタを入手することができたとしても、
それを繋げられるケーブルは売っていない。自作するとして
も、コネクタ端子が手に入らない。・・・どうするオイ。


前世紀末の頃、AMIGAのディスプレイモニタ問題は、一応
一つの結論に到達した。サードパーティ数社から、15kHz
出力を一般的なVGAモニタで映せる31kHzに変換することが
できるスキャンダブラーが続々と製品化され、これによって
モニタもケーブルも、どこでも普通に買えるものを使える
ようになったのである。

ところが今現在、そのAMIGA用スキャンダブラーが市場から
消えている。欧米のAMIGAショップのWEBサイトを探し回っても
見当たらない。自然淘汰恐るべし。・・・どうするオイ。


あれから国内で15kHzをサポートするモニタは本当にもう製造
されなくなったのだろうか。

いや、実はわずかながらその存在は確認されている。例えば
98〜99年頃に製造されたSONYの液晶モニタ CPD-L133および
L-150である。あるいは三菱のTV機能付液晶 MDT151Xおよび
152Xである。また、イマドキの大画面薄型液晶ハイビジョン
TVの中には、スペックには書かれていなくても映せるものが
あるようである。


前置きが長くなったが、で、結局どう落ち着いたのかというと・・・

オークションにて15kHzモニタを格安でゲットしてしまった。

CRTの方が画質がいいのは承知の上だが、既にウチにはCRT
のNEC PC-TVが2台あるので、コンパクトなA1200にはあえて
13.3インチ液晶のCPD-L133を選択することにした。
コネクタの変換には、手持ちの23pin-15pinコネクタを使用
することに。これ、A4000に付いていたんだっけ・・・?

早速届いたので繋いでみた。お、画質はともかく、ちゃんと
15kHzが映る。High Resモードでは横ラインが目立ち、妙な
残像が出たり、画像が変に流れたりと安定しにくかったが、
High Res Lacedにするとスッキリ安定。こりゃいい感じ。
最終的にPAL:HighRes Lacedが一番見やすいということで
決着した。
もちろんマルチスキャンなのでDBLNTSC/DBLPALは問題なし。
場所もとらず、なかなか快適ではないか。

ひとまず、第一関門クリアである。

つづく

posted by zi-phonium at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

タイムカプセル開けますか

そんなわけで時間を失ったA1200はなおも快調なのである。

起動すると、なぜか日付は1997年7月16日である。
しかし、どういう理屈でこの日なのかは分からない。

本体を買ったのも、アクセラカードを装着したのも、この
日より更に数年前のことだ。この日に時計が止まったと
いうことも考えられない。タイムスタンプがこの日より
新しいファイルがたくさん存在するのである。

ちなみにDirectory Opusというファイル管理ソフトでこれらの
新しい日付のファイルを見ると、タイムスタンプが、「Future」
と表示される。お、カッコいいじゃないか。

未来の記憶を持つタイムカプセル

などと言ってみる。


そもそもこのマシンがお蔵入りになっていたのは何故か。
だって、壊れたから。

電源投入中のコネクタ抜き挿しはAMIGAではご法度だが、
やってしまった。何かのはずみでセカンドFDドライブの
ケーブルが抜けてしまった。プツッと音がして、以降FDと
シリアル、パラレルポートが使えなくなってしまった。
症状からして、原因はおそらく8520CIAというチップの破損
である。

当時はインターネットの接続に電話回線を使用していた頃。
シリアルポートにモデムを繋いで接続していたので、ネット
が使えなくなった。FDドライブが使えないというのも厳しい。
データの出し入れは外付けSCSIからCDとZIPドライブで可能
であるが、起動FDでシステムを立ち上げられないとすると、
万が一起動HDDがクラッシュしてしまったらオワリだ。
使用していた外付けSCSIインターフェース「Squirrel SCSI(※)」
では外部ドライブから起動できない。

(※)通称:りすカジー・・・余談だが、これはA1200にSCSIを
増設できるという誰もが待ち望んだ画期的な製品であったが、
本体にとってもチャーミングなリスのイラストがでかでか
と貼り付けられた、とてもPC関連パーツとは思えない意匠の
実にAMIGAらしいアイテムである。自慢げにどんぐりを抱え
ているし。なんだよその流し目は。

それなら破損チップを取り替えればいい。AMIGA道では自力
でチップ交換なんて当たり前じゃないのか。
ところがどういうわけかAGA世代AMIGAのチップ類は基盤直付け
なのである。それまでのマシンのように、ソケットから抜いて
ハイ、交換、というわけにはいかないのだ。チップの足の
半田を一本ずつ溶かして慎重に取り外し・・・という状況
はやはり敷居が高かった。


そんなことで、この初代A1200は引退を余儀なくされたので
ある。


しかし、動作確認ができた折角の機会である。ひとつ、
コヤツの復旧計画に乗り出してみるか。チップ交換以外
の方法で、問題なく使える状態にアレンジするには、
どんな手口があるだろうか。

今さら?

なあに、今日はまだ1997年7月16日である。




posted by zi-phonium at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

溶ける時間

Csezoeml

「それは黒く、ねばねばしていました。」



正月早々、しかるべき理由によって数年間しまい込んでいた
AMIGA A1200(1号機)を引っ張り出してきたのである。

電源を投入しなくなって5,6年経つだろうか。既に立ち
上がらなくなっているかもな〜と思いつつ、スウィッチオン。
おお、電源は入った。しかし油断は禁物。フロッピーくれくれ
画面だったらどうしよう・・・大丈夫だ、HDDランプも点灯。
無事起動に成功。早速VideoTrackerで作ったミュージック
クリップを再生してみる。OK、映像も音声も正常だ。

一安心して一旦電源を落とし、ホコリをかぶっている本体
の清掃にとりかかる。いや、それほど汚れてはいない。15
年前に購入したマシンにしてはキレイなもんだ。

裏返してみる。・・・ん?

拡張カード挿入口のカバーの淵に、なにやら黒いものが。

こんなところにホコリが溜まっていたか、と思いながら
ウェットティッシュで拭き取ろうとするが、黒いなにか
は奥の方からどんどん出てくる。墨のように黒く、少々
ねばっこい。・・・どうもヤバイ雰囲気。

底のカバーを開けてみた。

うおっ、

カバーの裏に黒い液状のものがべトっと垂れている・・・!


この拡張スロットにはGVP A1230 Turbo+という、アクセラ
レータカードが刺さっている。これは、素では68020という
A1200のCPUを68030にグレードアップし、更にメモリと内蔵
時計およびバックアップ電池を追加するカードである。

そのカードに目をやる。

な、なんやこれ!

カードの丁度中央に、円形のねばねばした黒い塊が!


確かここには内蔵時計を動かすためのバックアップ電池
がついていたのである。つーことは、このドロドロした
黒いゲル状の物質は・・・

電池はカードの裏面に底向きについていたので、万有引力
のおかげで溶け出した物質は底のカバー裏に垂れ、基盤に
は全く影響はなかったようである。うん、ちゃんと起動
したもんな。

その後も本体は快調に動作し、今のところこの事態に由来
する不具合は見られない。
だだ、もう時間は刻まないけれど。


時計は止まっても、時間が止まるわけではない。
時計が止まってからも、今まで時は流れ続けてきた。

しかし、

まさか溶けて流れるとはな(^^)


そんなことで謹賀新年。近未来はいつからですか?

posted by zi-phonium at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

科学と学習

5qdfpmid
買い逃したまま増刷待ちだった
学研「大人の科学マガジン」Vol.17「テルミン」
がやっとこさ書店に並んだので買ってきました。



早速組み立ててみましたが、なかなかよく出来ています。
外観はおもちゃっぽいですが、ちゃんとテルミンとして
楽曲の演奏が可能。本誌には教則本が付いているし、WEB
と連動して映像で見られるので、真面目に楽器として練習
することができます(笑) これまでキワモノSE発生装置として
しか扱ってこなかったことをテルミン博士とエーテロ・ワン
にお詫びしつつ(すまんかった)、音階の練習からボチボチ
初めているところです。

しかし、ルックスはお約束でこんな感じにしてやった。
Bc6zqkrb


誕生!!
エーテロ・ツー



Llx9tz4g

エーテロ・ワンとのツーショット。



Rligpeyd
改造してライン出力端子とアースをつけています。


学研といえば・・・
P-MODEL凍結直前の頃、アルバム「モンスター」がいつ
出るのか、いや出ないのか、というあの時期のライブで、
「レコード会社がほぼ決まった。レコードを出すとは考え
られないところ
から出る。」というMCがあり、それを聞いて
友人と何の根拠もなく「学研や。」と勝手に納得し合って
いたのを思い出しました(笑)

結局どこからも出ませんでしたが。






posted by zi-phonium at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

未知なる超新星出現!

我が観測基地がここ数週間微かに傍受していた未知なる
パルスの実像をここに公表しよう。

先ずはMODファイルに対応したプレーヤーを準備し、
(http://cowscorpion.com/AudioPlayer/DeliPlayer.html
↑DeliPlayer・・・Win用のオススメプレーヤー)
次のサイトの「Works」にあるファイル群を再生して
みてもらいたい。

http://space.geocities.jp/kina_mod/

このストレンジ・ポップなキテレツ具合はどうだ。
初心者と自称しつつコマンド連打で音をギュンギュン
ぶん回しているこの純真なTracker魂はどうだ。
もちろん8bit/4chの正当な古典MOD様式だ。

サイト主のKinaさんはMOD初心者な同志を求めている。
突撃してみる猛者はおらぬか?

「ようこそ、"来なかった近未来"へ。」

posted by zi-phonium at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | AMIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

総括:番外編

夏季休業モードでしばらく投稿が滞っておりました。
その間にロケット広場のロケット撤去工事が始まって
しまった。解体されるなんて知らんかったよ!

http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070811/wdi070811009.htm

さて、コピマニからもう一ヶ月も経過してしまいました。
関連の投稿は今回で一応終了です。最終回は、他のバンド
さんたちのステージから学ばせていただいた、あんなこと
やこんなことの中から、少しずつですがここに綴ってみま
す。当日書けなかった短冊の代わりです。

○FU-CA・・・「入魂の仕込み賞」
グラビトンはもとより、CGも、オケも、二胡も、衣装も、
発電イベントも、何ですかこの礼儀正しい充実の仕込みっ
ぷりは!そしてその揺るがぬ基盤のもとに成立するステー
ジの安定感。清涼感。さすがは主催。

○パチモデル・・・「観客総笑顔賞」
ステージのお二人は全くのポーカーフェイスなのに、何
ゆえこんなに和む?観客総笑顔+総手拍子。お二人の絶妙
なキャラと、音頭の魔法恐るべし。いつもながらのトボけ
た音作り、素敵でした。

○モナカ・・・「これがテクノだ賞」
いやホント、これがテクノっす!反則技ばかり考えている
自分には出来ない正当なカッコ良さにヤラれました。
あー、でもキューティお嬢チャン攻撃は反則だ〜(笑)
ギターパフォーマンスにはDEVOの憑依を確認。イカス!

○Professor-Model D≠A・・・「ダブル・アクション賞」
教授の思いっきり真正面からのネタに釣られてみました(笑)
それにしてもツインギターのカッコ良さ。憧れます。カナメ
氏のジャンプアクションと教授の変身アクション(笑)との
ギャップによって生じる異化空間の味が絶妙でした。

○ドムビヰツ・・・「ポジティヴ・ダンス賞」
観客がこんなに安心して音楽に身を委ねて踊ることができる
のは何故か。そのワケを確信して舞台に立つお二人の姿は、
ひたすらポジティヴ。演奏中ニコリともしないオッチャン(笑)
のライブに慣らされていた私は、この素敵なステージで我を
取り戻したような気がしました(笑)

○ダブルユース2.0・・・「これがバンドだ賞」
自分たちの出番が終わったこともあって、ここからは素で
観客モードになってライブを楽しんでしまいました。
それにしてもさすがはダブルユース!これがバンドサウンド
だ。おお、生ドラムいい〜!ちゃんと楽器を演奏することで
成立するライブ・・・という当たり前のことに改めて感動。
確かな演奏に加えて、軽妙なトークも最高でした。演奏中MC
ひとつもないオッチャン(笑)のライブに慣らされていた私は、
(以下同文)

○メテオール・・・「Much Extreme Techno ORigin賞」
そして大トリの登場です。実はメテオールのステージを見る
のは初めてだったので、今回とても楽しみにしてました。
はてさてその堂々たるステージ、感服いたしました。3曲
だけとは物足りない!でも「コヨーテ」で参加バンド一同
ステージにあげてもらい、大合唱で盛り上がることができ
ました。ありがとうございました〜m(_ _)m 
(CDアルバム「エーテルワイズ」買って帰りました。名曲・
珍曲満載でヘビーロタティオン中!!)

というわけで、愉快なひと時をご一緒させていただきまし
た各バンドの皆さんに、改めてお礼を申し上げます。あり
がとうございました。打ち上げでも楽しくお話させていた
だきました。その時のネタも色々あるのですが、とりあえず
今回はこの辺で。読んでいただいたみなさんも、駄文に長々
とお付き合いいただき、ありがとうデス。

posted by zi-phonium at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

総括:ネタばらし編F

7曲目「ロケット広場」
関西ローカルな曲タイトルですみません。大阪ミナミのナウ
いヤングの待ち合わせ場所といえばココだよ!

そんなことよりいよいよ最後の曲です。
今回、怪彗星を立ち上げるに当たって、「野菊島ビーチ」と
ともに最初に思いついたネタがコレ。「ロケット」のオケで
「パレード」が歌える!(のか・・・?)

「オイオイ歌変わっとるやん!」と突っ込んでもらうために
は、余計なアレンジをせず、できるだけ忠実にオリジナルを
なぞったオケを用意するのが有効でしょう。
ということで、やるべきことはハッキリと見えました。ここ
まで明確なのもめずらしい。オケは完コピを目指す。それだ
けです。本当にコピーバンドみたいだよオイ!

幸い「ロケット」はほとんど同じフレーズの繰り返しです。
まさしくMODの得意分野。コイツは楽勝!ああテクノポップ
でよかった・・・と思いきや、そーでもなかった!アコギと
ケーナ風の笛の生っぽい音色に大苦戦。特に笛は3〜4種類
のサンプルをブレンドし、さらにVSTエフェクトであーでも
ないこーでもないといじくり回し、何とかそれらしく捏造。
おかげさまで今回新規に導入したMODトラッカー「Renoise」
のよい勉強になりました。あとアコギのコードはウクレレの
サンプリングで誤魔化すことに。しかも単純なコードに強制
変換。バレないバレない。

「ロケット」を選択した理由はもうひとつあります。それは
女性コーラスが入る曲だということ。しかも3番はみんなで
合唱できるということ。せっかくバックを女性お二人につと
めていただくわけですから。合唱で大団円、ということで、
この曲をラストにもってくることも初めから決定です。

かくして、ヘイホーと虚空へ飛ぶロケットを見送りながら、
流行りのテラスでハイホーになってしまうという少々ブラッ
クなオチをつけて、怪彗星の演奏曲目は終了いたしました。

お見苦しい点も多々ございましたが、温かい目で見守ってく
ださったスタッフさま、PAのおにーさん、おねーさん、そし
て観客の皆さま、本当にありがとうございました。短冊に書
いていただいたお言葉の数々、胸に染み入ります。
怪彗星としましては、会場を「し、しょーもな〜(笑)」とい
う空気で満たすことができたのでしたら本望であります。


さて次回は、今回競演させていただいた他のバンドさんから
ハスヲが学ばせていただいたことをあれこれ書き綴ってみる
ことにします。
番外編につづく。

posted by zi-phonium at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

総括:ネタばらし編E

6曲目「スピリタァァス」
99年の「コピーマニア関西(コピタラ)」にて、われらツイ
フォニウムのスタートアップはこの曲で突破しました。
新メンバー、ヴァーチャルドラマー「Zi-NACO(ツイナコ)」
のお披露目曲でもあります。
今回はラスト曲に向けての予備加熱としてここに投入。
おかわりグラビトンによる鉄骨アタックも加えて、ヒート・
アップを狙いました。

「スピリタス」はすでに原曲からしてヒーロー物っぽい曲調
(小西さんいわく「劇画調」)です。ならばとことんそっち
系にしてしまえ、というノリだけでアレンジしたのがコレ。
アレンジもなにも、ツイフォ・ブランドの別ユニット「タク
ノポップ」が渡辺宙明(ヒーローテーマ作曲の巨匠)風パロ
ディとして作った「キュビズマンF」という曲のMODデータ
をベースに、音色配列はそのまんまでメロディラインとコー
ド進行を打ち変えただけという超お手軽MIX。イントロもそ
のまんま。
「キュビズマンF」はコチラに↓
http://www.eonet.ne.jp/~hasp/MODFILE/CUBISM.HTM

(ちなみにハスヲ個人としてはこれまで携わったMOD作品集
の中でもこの小品「キュビズマンF-少女同盟-」は結構気に
入っています。MODシーンといえばダンスミュージックばか
りでうんざりしていた時期なので、お遊びで作った割には
そういう心意気もちょこっと入っていて・・・手前味噌。)

さあ、テンションがあがったところで、次はいよいよ最後の
曲です。
Fへ続く。

posted by zi-phonium at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

総括:ネタばらし編D

5曲目「白鹿野」
そもそもツイフォニウムの起源は、演劇の為の音楽を作成
するために立ち上げた「カニクラブ」というユニットです。
カニクラブはハスヲが書いた「オルガン王子」という劇の
音楽デモを20曲ほど作りました。MIDIで!!シーケンサー
は初代QY10でした。名機です。

この劇には鹿のビニール人形が登場します。奈良に行けば
どこのみやげ物屋にもたいがいぶら下がっている、車輪の
ついた赤・青・ピンクのアレ。ってもはや鹿ちゃうし。
コレ。↓
    「ビニール鹿」

名前を「ピョートル」といいます。
そのピョートルのテーマ曲を、後にツイフォニウムがMODで
リメイクしました。
コチラに。↓
http://www.eonet.ne.jp/~hasp/MODFILE/GOU.HTM
(ツイフォのMOD作品集「G.O.U.」のページ。ダウンロード
フリーです。)

で、今回の「白鹿野」は、このピョートルMODそのままを
オケに「白虎野」を歌ってしまえ、というネタ。いわゆる
「恒例!違う曲で無理矢理歌うシリーズ」です。ツイフォの
常套手段とはいえ、ひたすら気持ち悪さと戦いながら歌い
きらねばならぬという過酷な試練を伴う自虐ネタです。
ちなみに以前のライブではピョートル→「アクアライフ」
でした。

他の無理矢理シリーズも紹介しておきましょう。
もう一度上のリンクから「G.O.U.」ページをご参照下さい。
MODデータをダウンロードして・・・再生できますか?
んじゃ、歌ってみ。

VOB-GOmix→「世界タービン」
VAPOR→「ナチュラル」
アンデス上陸→「Holland Element」「Speed Tube」「Rocket Shoot」
GURU→「ASHURA CLOCK」
GURU-GURU→「Perspective」
BISONOID→「嵐の海」
TRAVAIL→「フィルム」
KABURI→「フィッシュソング」
PEYOTL77→「地球儀」

無理矢理にも程がある。


[おまけ]
ピョートルはネット上でいろいろな人の手によってReMix
されました。中でも次のファイルは必聴です。
http://www.eonet.ne.jp/~hasp/MODFILE/MOD/SINKA/PEYOTL/P-YOTL.MOD

これは、Wiwat Tarasangopと名乗る自称タイ人の手による
アレンジ。ウィワット?古い平沢ファンなら、もうだーれ
のことかはワカルヨネ。


疾走のEに続く

posted by zi-phonium at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

総括:ネタばらし編C(その2)

では、この辺りで怪彗星のメンバー紹介です。

ハスヲ・・・vo,ウクレレ,MOD打ち込み

フナコ・・・ツイフォノイド(カブリ2号),
立売堀2号(自作楽器),cho,
エーテロ・ワン(ちびテルミン)

ル・・・・・おかわりグラビトン(自作楽器),cho


画像はCOPY MANIA 2007 公式サイトで見られます。
http://ru.achoo.jp/byakkoya/copy2007.htm

ステージ構成は、グレートブラボーノートブック
(すなわちノーパソ)からMP3に変換したMODを流し、
生ウクレレとグラビトンからのSE、エーテロ・ワン
(ちびツイフォノイド型テルミン)からの怪電波、
そして謎の打楽器-立売堀2号-の生音を重ねるという
極めてシンプルなもの。お?ウチのバンド、ドラムス
がいるじゃん!

4曲目「オハヨウDOGの目」では、おかわりグラビトン
によって「わん」「にゃー」「うっきー」と動物たちの
愉快な大合唱(あえて、しょぼ〜く!)を。さらに
ツイフォノイドが不気味な挙動でテルミンの怪演奏。
ウクレレの人はうしろが見れなくて残念でした!


次は「無理矢理にもほどがある!」そのDに続く。

posted by zi-phonium at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。